会報あさひ35号
67/102

メキシコ州立自治大学-63-学生のコメントメキシコ州立自治大学での海外研修を終えて●関  晏奈 私はメキシコ州立自治大学で海外研修をさせて頂きました。 UAEMを第一希望にした理由はいくつかありますが、一番の理由はホームステイを経験したかったからです。言葉の壁はありましたが、生活を共にするなかでコミュニケーションを取ることの大切さを改めて感じる事が出来ました。大学での実習では日本とメキシコの歯科医療の違いを知る良い機会となりました。また講義を通して昔のメキシコの人々が歯に関心を持ち装飾を行っていた事を知る事ができ面白かったです。観光ではメキシコの歴史や食文化に触れることで貴重な体験を得ることが出来ました。特にテオティワカンは一度訪れてみたいと思っていたので観光することができ良かったです。最後に、このような機会をいただいた事に感謝申しあげます。●田中 泉帆 メキシコから帰国した今、海外研修の派遣先をメキシコ州立自治大学とした、その選択は私にとってベストなものであったと心から思います。 メキシコは私にとって未知の国であり、学んで得られるものが多いであろうこと、また海外研修派遣先の中で唯一の滞在がホームステイ式であり、より仲が深められるのではと思ったことがメキシコを選んだ決め手でした。移動時間を除けば約8日間という短い時間でしたが、様々なことを体験しながらホストが丁寧に説明してくれたメキシコの歯学、教育システム、文化や歴史は私にとって得難い知識と経験となりました。 今年はメキシコ州立自治大学と朝日・明海大学が提携40周年だそうです。 記念すべき年にこの様な素晴らしいプログラムに参加させて頂けましたことを理事長先生をはじめ、UAEM、関わられた全ての方々に深く感謝申し上げます。●坂  夏佳 今回、私はUAEMで研修させていただきました。  海外研修の中で唯一のホームステイで家族の一員という形でとても楽しい時間を過ごしました。ホストファミリーにはメキシコの文化、建物、踊りなどを教えていただき日本との違いをたくさん学びました。特にダテオティワカンでの集合写真テオティワカン・太陽のピラミッド登山中、月のピラミッドを背にして

元のページ  ../index.html#67

このブックを見る