会報あさひ35号
49/102

テキサス大学サンアントニオ校-45-事長並びに関係者の方々に心より感謝申し上げます。●松本 有美 この10日間はアメリカ人のホスピタリティーを味わうことができました。初めて会う、しかも英語があまり話せない日本人に色々と質問してくれたり自分の話しをしたり早く仲良くなろうとしてくれたのを覚えています。ホストは1人の日本人に2年生と4年生が1人ずつもしくは2人ついてくれて、総勢36人で過ごしていました。日本人同士で話す事は少なく不安になるかと思いきや、私達と明海メンバーだけで行動した日はとても寂しかったです。たとえ流暢な英語が話せなくてもこの研修は絶対に参加するべきだと思いました。海外の歯科大学にについて学ぶ以外に同じ目標を持った友達を海外で見つける事ができるからです。忘れられない10日間になりました。ありがとうございました。●矢野 早紀 私は今回テキサス大学ヘルスサイエンスセンターサンアントニオ校での研修に参加しました。アメリカと日本の歯科教育の違い、文化などを学びました。貴重な経験をさせていただいた事にとても光栄に思っています。 病院見学では学生自ら治療方針を考え、治療している姿をみて刺激を受け、自分自身を改めるきっかけになりました。 今回の研修で学んだことを今後活かしていければいいなと思います。 このような機会を与えてくださった理事長並びに関係者の方々に心より感謝申し上げます。 ありがとうございました。●横家 里奈 私は1年生の頃、海外研修について知り、この研修への参加を目標の一つにしていました。第一志望のテキサス大学に決まった時はとても嬉しかったです。 テキサスでは、乗馬、ウォッカの工場見学、ビール工場見学、ロデオをみたり、射撃をしたり、日本では経験できないような貴重な体験して、毎日がとても刺激的でした。 学生の診療では、患者とのコミュニケーション、説明、手技の全てにおいてスムーズで、同じ歯学部生でも日本とは全く違うなと驚愕しました。 今回の海外研修では、私の人生においてかけがえない宝物になりました。 このような機会を与えていただいた理事長ならびに全ての関係者の方々に感謝申し上げます。牧場でカウボーイとともにマッシュルームファームを見学臨床実習を体験

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る